花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

【北村兼子】「怪貞操」(前編)

★大正~昭和初頭、ジャーナリストとして活躍した北村兼子の文章です。昭和4(1924)年『女浪人行進曲』(婦人毎日新聞社)に所収。抜粋して掲載します。(…)が中略記号です。

★関西大学法学部在学中にスカウトされて大阪朝日新聞記者となった兼子は、たちまち人気記者に。ユーモアを交えた明快かつ鋭い文才を発揮しました。

★記者生活1年で3冊の著書を出版するなど大活躍するなか、兼子は社会部の企画で女給としてカフェーに潜入取材をしました。この企画は大当たりしますが、大衆紙からデマや激しい攻撃――とりわけセクシャルハラスメントや交際強要被害を受ける要因のひとつとなります。

★兼子は、著作「怪貞操」と同名のレコードにて反論。「怪貞操」は、男社会の欠点を激しく衝きつつ、女性(職業婦人)の人権、反戦・平和を高らかに謳いあげており、兼子らしい名調子が冴えた作品です。とくに奮っているバチ切れワードは昨今でも通用するものばかり。伝家の宝刀「貞操」で女を一刀両断するやり方に対しては、返す刀で男尊女卑の弊害をこれでもかと言語化して斬りまくっており、痛快です。

*          *         *

【前編】

 沢山な新聞雑誌がしきりに私の品行問題を書きたててわめく。大の男がよってたかって小さな女を包囲してかなぐり立てる。よくお芝居でみる雲助が若い旅の女をゆすっている場面である。

 かわいそうだ。ふびんだ。どちらがかわいそうで、どちらが不憫なのか、いじめられている女のほうより、いじめている男の心事の陋劣さがふびんでならない。(…)個性のあるものは異端者とみなされて、これを排撃するに貞操問題をかつぎ出し、型にはまらぬものは突き落としてしまう。日本は女にとっての監獄部屋だ。ご覧なさい。婦人記者の勤続年限の短いことを。そして末路の蕭条(しょうじょう/もの寂しいこと)たることを。

 恐ろしい世の中である。とりわけ婦人にとっては物騒な世界である、普選の疑点と女のアラはほじくればいくらでも出ると思って、貞操問題などとお上品におわしませども、その実は女のあら探し。(…)

 そうでなくても法律から道徳から社会から、すべてに片務的である婦人だもの。これを暗殺することはわけもない。(…)

  男の自慢には兵役を引き出すか、その唯一の自慢たる兵役でも朝から晩まで鉄砲かついで興奮をつづけていても、こんにちの国家は女子の理解なくして弾丸の一つでも撃てるものではない。愛国は男子の専売でないごとく、堕落は女子の附きものではない。(…)

 働かざるものは食うべからず、働くものは食べる権利も生きる権利もあるはず。職業婦人が洋服のモダン細民と並存しないからといって無茶苦茶に叩きつけるが、もともと婦人が職業に携わる動機としては、人口増加にともなう生活の力と、生活様式の向上の二つ。もっともっと大切な意義は、婦人が抱いている理想の実行である

 男子だけに任せておけば政治の醜いこと。法律の無茶なこと。実業のしみったれたこと。社会の暗いこと。道徳の低いこと。政治をさせば泥仕合。法律を作らせたら悪法のわがまま、商売をさせたら輸入超過、社会派資本偏重、道徳は酔いどれの管。(…)

 だから私は、職業婦人全体の利害から社会裁判に告訴状を提出するのである。虫のような一人の婦人記者を囲んで吠えたてる新聞雑誌がその数、実に二十に余る。(…)

 先輩たちは彼らのなすがまま棄てておけという。どこまで、いつまで黙っていなければならないのか。もう怒ってもいい。激怒してもいい。いやしくも貞操問題を持ち出して、女の一生に傷をつけたるが卑劣漢を放任しておけば癖になる。(…)大きくいえば職業婦人擁護であり、女性擁護であり、汎人間主張である。(…)

 はじめのうちは棄てておいたが、それは自分の身に突いても押しても小揺るぎもしない人格のあることを信じていたのであったが、こう囃し立てられては両親に対し、同胞に対し、友だちに対し、先輩に対してもう勘弁もできないのである。省みれば、自分の人格というものは耐震耐火のつもりであったが、ちょっとの中傷にゆらゆらどすんであったことはお恥ずかしいわけであるが、信用の復興には国辱公債も募れない。だが筆がある。この筆、味方はこれだけ、勢いよく動いてくれ。(…)

 女学校で教わった修身をそのままにやって行けといっても、こんにちの教育は学校限りのものであって、実社会に出てみれば額面の期日通りに支払ってくれない震災手形である。(…)

 

 奈良公園で男と散歩した。道頓堀のカフェーで彼女の姿を見た。ダンスホールで浮かれていた。活動写真に入ったところを見つけた。歩いているところをみたら左と右との脚を交互に動かしていた。あくびをしているところを見た。定めて男を待ちくたびれていたのであろう。帽子に花をさしていた。あれは誰から贈られたのであろう。くさめをした。男からそしられていたのだろう。等、等、等々、等々々、よくも調べた。よくも作った。よくも間違えた。また書く。また言う。根気がよ過ぎる。うるさい。やかましい。耳許(もと)でラッパを吹くな。(…)

 堕落したからといって私を攻める。それもよかろう。それから進んで、私の属している新聞社にまで悪態をつく。それは卑怯である。(…)それよりも職業婦人の品行と新聞が関係が少ない。関係もないものを関係のあるように難癖つけて、強いて婦人記者を放逐せよとわめく。このやりかたは戦として卑怯なもので、私は憎む。(…) 

 だがお気の毒さま。私は堕落してはいない。わたしのあとをつけ回して堕落の種を拾おうとしても、それは猫を解剖して熊の肝を探しているほどの無知である。あるものは堂々と新聞社へ乗り込んできて原稿をつきつけ、あなたの品行問題を書くぞと脅しつけるのは、弱いと見くびっての敵前上陸である。拷問堕落である。無茶予審の誘導調書である。(…)

 北村さん、またあなたの悪口を悪徳新聞で書いていますよと親切そうに見せてくれる。ほんとうに失敬なやつですね、と口をぬぐっているが、何ぞ知らん、その男こそその新聞に材料を提出した曲ものだとは、向こうの家の壊れるを見て驚く。震源地は足元にあるのだからさらに驚く。

 そんな卑劣な男の口から、女性は陰険であり陰鬱であると説かれるからあきれる。(…)

 女性が陰険であるとせば、それは人並みの生活ができないためである。女権を極度に認めたからといって、どれだけの恩恵がある。ようよう人並みになっただけのことではないか。(…)

 かように抑圧と呪詛のなかに暮らしている女性、とりわけ先鋒に立っている職業婦人を品行問題で押しつぶしてしまおうとするのはあまり残酷で、しかも無謀の行為ではないか。私が男性と遊んだということ、その一事だけで私の全生涯を葬り得られるほど女性が弱いものとせば、女たるもの家のしきいから一歩でも踏み出すが生命とられである。(…)


 女が男と遊んだ、それが悪い。だが相対性のもので、男と遊んだ女があると同時に、必ず女と遊んだ男があるはずである。もし両性が遊んだことが罪を構成するものとせば共犯関係にあって、女だけが罪を犯したとは刑法の姦通罪を論じるやり方が頭にこびりついているからである。ほかに芸はなくとも、女学校仕込みで堕落が悪事であることだけは頭の髄まで深く注ぎこまれている。悪を選み悪を楽しむものはあるまい。(…)考えてもみるがいい。あまりぱっとしない男のために十年の学問を棒引きにされては、こんな価値を無視した貿易はない。


 だが、こんな煙のような噂の立った下には何があるだろう。考えてみろといわれてみれば、心当たりのないことでもない。私は記者として社会観察のためにあるカフェーにいたことがあった。(…)

 そして、男性研究は恋愛レンズを透してみるのが小説に現像するに便宜があると思い、機会のあるたびに男性と遊んだ。(…)遊ぶといっても一種の研究だから理学者が一枚の花弁を点検する態度で男性に対しているのである。女は秘密に埋もれているとある文学者がいったように、男性にもやはり不可解の謎がある。この謎を手繰りだす糸みちが見つかったころには、北村兼子堕落の記事が各新聞に現れた。(…)

 女性の本質は、たとい間違いだらけにもせよ男性の文学者によって描きだされたが、男性の本質は今まで婦人の手で写されたことを聞かない。その隙をめがけて一本の針を打ち込んでみたいというのが私の眼のつけどころであったが、こう騒ぎたてられてはもう絶望だ。残念ながら研究は中止だ。(…)

 これが私の失態としても、こうまで世間せまく世間を渡っていかねばならない女性は禍(わざわい)なるかなと思う。だが、私のことはどうでもいい。けなげな職業婦人のうちでこの手でやられたものが幾人あったか知れないので、偏狭な男性の常套手段を憎まないで筆をおくことはできない。私は怒る。天下の職業婦人に代わって、もっと朗らかに世界に活きたいと要求する。



    




「怪貞操」を収録した『女浪人行進曲』より。

花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

0コメント

  • 1000 / 1000