花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

【北村兼子】「怪貞操」(中編)

★大正~昭和初頭、ジャーナリストとして活躍した北村兼子の文章です。昭和4(1924)年『女浪人行進曲』(婦人毎日新聞社)に所収。抜粋して掲載します。(…)は中略記号。

★関西大学法学部在学中にスカウトされて大阪朝日新聞記者となった兼子は、たちまち人気記者に。ユーモアを交えた明快かつ鋭い文才を発揮しました。

★記者生活1年で3冊の著書を出版するなど大活躍するなか、兼子は社会部の企画で女給としてカフェーに潜入取材をしました。この企画は大当たりしますが、大衆紙からデマや激しい攻撃――とりわけセクシャルハラスメントや交際強要被害を受ける要因のひとつとなります。

★兼子は、著作「怪貞操」と同名のレコードにて反論。「怪貞操」は、男社会の欠点を激しく衝きつつ、女性(職業婦人)の人権、反戦・平和を高らかに謳いあげており、兼子らしい名調子が冴えた作品です。とくに奮っているバチ切れワードは昨今でも通用するものばかり。伝家の宝刀「貞操」で女を一刀両断するやり方に対しては、返す刀で男尊女卑の弊害をこれでもかと言語化して斬りまくっており、痛快です。

★前編はこちら。


 社会の幸福の繁栄とは、女性の幸福と繁栄とを要する。女性に幸福と繁栄とを与えるのは男性にとって不利益ではないかと疑うようなものは男子専制病人である。時は進む。職業婦人は経済的に男子専制の大黒柱へうち込んだ大きな楔(くさび)である。

 このごろ婦人の論文が男子に読まれ、珍異な現象としては、婦人の政談演説会に入場料を払ってくれる聴衆の大部分は男である。そして、女の意見を謹聴することが男性の自尊心を傷つけるという負け惜しみから、野次を飛ばしながらそれでも頭に何ものかの土産を印象されて帰っていく。聴いているものは有権者で、説いているものは欠格者である。(…)


 明るみに出せないことにおいて、しつこいことにおいて、痒いことにおいて、安眠のできないことにおいて、チクチクすることにおいて、うるさいことにおいて――蚤のような卑しい男子が数でかかって夜襲する。むかしスペインに行われた宗教吟味よりも悪い貞操吟味が今の世に行われている。

 いま女子の立場をもっとも真摯に主張しているものは前線に立っている職業婦人である。その職業婦人がいつもやり玉にあげられる。これまでけなげな女性がこの手で暗殺されたものがはなはだ多い。弁解もしないで葬られていく姿の哀れなことよ。私はあくまでかような卑劣漢を糾弾する。そしてその卑劣手段を大衆にさらけて批判を乞おうとするものである。

 婦人にとって一番の弱点とすることは貞操に関することで、これは極端な例外を除いて男子にない――女ばかりが持つ弱点である。(…)卑しい男性が婦人に向かって射かける毒矢の狙いは、ここの急所である。その矢面に立って平調を失わないのは、ただ信念の強い女性であらねばならぬ。無根のことでも繰り返しているうちに事実化してしまうから恐ろしいので、いつのまにやら自分の骨にまで食いこんでいるから、致命傷となって家庭に逃げこむより道はないことにされる。(…)

 貞操戦線、攻めるほうが割がいい。孫呉の兵法でなくとも、カイゼルの戦法でなくとも、守るほうの不利は知れている。だが仕方がない、お相手になろう。ヴェルダンの堅塁、そうたやすく陥落しない。(…)

 職業婦人が人格を認められるまでにはいろいろの混乱と衝突をつき起こす。男らしくない男がつくる渦のなかに巻き込まれるについて婦人の骨ぶしはあまりに弱々しい。その弱いものに対してなんらの容赦もないが、それは過渡期における犠牲――それを甘受することはうれしいことである。みなさま、しっかりしてください。わたしもしっかりしましょう。(…)

 ところで婦人が少しでも頭をあげかけると、男子は自分の領域を侵したとばかり家宅侵入罪でも犯したかにょうにめちゃめちゃに叩きつける。この情勢の下に女性を置くことは、国家の損害で人類の不幸である。(…)しかるに男性は理屈をもって良心を抑え、無理に不愉快な生活を続けている。婦人にとってたまらぬ不平。(…)

 家庭で妻子に威張るものに限って、対外的に馬力のあるものではない。その弱虫どもが分相応な知恵で女いじめを始める。一例として手近なところを書く。これほど手近で間違いのないことはない。それもそのはず、北村兼子のお話だもの。兼子にたかってうるさくゆする。そんな雲助ぐらいはピッピのピーだが、ついにはこの婦人記者を放逐してしまえと新聞社に筆を向ける。品行上のことは作りごとで、放逐してしまえがホンネである。(…)大きな大勢の男が、十九も二十もの新聞社が包囲して、毒気を吐く。それでも男か。みっともない。ちときまり悪いということを注意してあげよう。


 われわれが職業に従事するのはパンのためばかりと思われては困る。ヘッポコはヘッポコ相応に、理想もあり抱負もある。それを実現したのが若い血潮のみなぎっているわれわれの任務である。一体に女は社会知識に乏しい。そこが婦人運動の欠陥なのだ。職業婦人は婦人団体の目となって――判断の誤らぬ社会を観る目となって働かねばならぬ。その目を訓練させるため、上層から下層までいろいろのものを観なければならぬ。それは研究であり、封じこめない生活の飛舞である。それが堕落というなら、私は光栄ある堕落だ。(…)


 男というものは自惚れの強いもので、男の恋愛は自惚れが立脚話だからたまらない。一面には婦人を誘惑したことを誇る癖がある。ちょっと親切にものをいいかけると、その言葉を重大な含蓄のあるように勝手に解釈して、錯覚のままを言いふらす。解釈は勝手だが、言いふらされた女は迷惑極まる。(…)困った蓄音機だ。(…)


 過渡期だから仕方がないというが、天神祭りの御渡御(ごとぎょ)にしても、少し過渡期が長すぎる。若い女はあきらめられないほど悠長な過渡期だ。過渡期だから女の頭を押さえてもいいとはなぜか。せっかく伸びかけた婦人の職業に立毛差し押さえは、この執達吏は間違っている。(…)

 せっかく学問して得た知識を家庭で水仕事をして走り、もとから下水へと放流してしまうことは惜しい。職業婦人は同盟して相打撃しあうことをやめ、ひとつの勢力をつくって対抗せねば、まもなく落ちてくる普選――婦人を加えたほんとうの普通選挙に立ち働かねばならぬ任務もある。(…)

 職業婦人の職業的寿命の短いことは、恋愛の噂にケシ飛ばされてしまうからである。世には男女関係をもって瓦斯(ガス)とマッチほどの密接さを感じるものがある。一室で会談する男女をみれば、もう二人は引火していると勝手に決めてしまう。(…)今日の状態で噂を恐れるなら、七歳以下の女の子か、七十過ぎたお婆さんをやとって能率をあげるがいい。(…)

 

 超高速度輪転機の前に立ってごらんなさい。ふざけた沙汰も考えていられるものではない。こま鼠よりも早い筆の走りが、何百万人かの目に触れると思えば、うっかりしたこともかけない。新しいもの、趣味のあるもの、そして社会の機微をとらえたものを書いて読者に背いてはならぬという厳粛な気に打たれる。かように機械は新保しても、文章はそれに負けない進歩をしたか。(…)

 年の暮れの新聞記者は忙しい。ここまで書いてきて急電で飛び出す。社前に立っていた悪玉貞操屋の目が光る。そんなものには相手になっていられないので自動車に乗る。同乗者はたしかに男だ。北村がまた――と、貞操屋が向き直して覗く。よしてくれ、写真班だよ。急速力だ、ついてこい。ついて来ても快貞操はこぼれていないよ。それはガソリンの匂いだ。間違えなさるな。あばよ。

  



カフェーの女給。兼子は博多と神戸のカフェーに潜入し、風俗を取材した

花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

0コメント

  • 1000 / 1000