花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

【北村兼子】「北村兼子一代記」:前編

★大正~昭和初頭、ジャーナリストとして活躍した北村兼子初の著書『ひげ』(大正15・1926年刊/改善社)。巻末に収録された兼子23歳の履歴です(前編・後編)。

★関西大学法学部に在学中から男子をなぎ倒すほどの優秀さで注目を集め、大阪朝日新聞にスカウトされた兼子は、『婦人』『週刊朝日』など多くの雑誌にも評論や随筆を寄稿。そこから評判の文章を抜粋して刊行したのが初の著書『ひげ』です。売れに売れ、発売1か月弱で四版が発行。

★筆者は、関大同級生とおぼしき「友人H生」。女学校時代はおとなしかった兼子が才気をきらめかせていく姿を綴っている。女子学生連盟のため、男女共学というテーマで初めて演説に臨む(しかも即興でドイツ語にて演説)くだりは、稀代のジャーナリスト・フェミニストとしてついに懐刀を抜いた瞬間を見るようです。


****

 『ひげ』を読んだ人は、著者の北村兼子女史とはどんな女であろうと思うであろう。私は女史の友人として跋(ばつ)をたのまれたので、跋の代わりに女史の一代記を書いてみようと思う。

 一代記といっても、まだ年の行かぬ女史のことであるからホンの一トつまみ、一センチメートルほどの短い履歴にすぎぬ。


 物質的に不自由のない家に生まれて、中之島小学校から梅田高女――今の大手前高等女学校を出て、大阪外国語学校の別科を卒(お)えるまで、ただ操行善良、出席精励といったような消極的な成績でただおとなしう通ってきたにすぎなかったが、法科に入ってから恐ろしく強い思索力がチクリチクリと芽を吹きだした。

 大阪毎日紙上に、虎の門事件(※注1)について、犯人の作った詩の一連を証拠に刑の適用を論じた一遍は賛否相半ばして、その着眼の鋭いことは法曹界の注意を引いた。つづいて高等文官試験(※注2)を出願して試験委員をあきれさせた。その当時の経緯(いきさつ)は高等文官試験を志して千里山(=関西大学)に学ぶ女生、刑法に得意な北村兼子さんと題して関西日報に次のように書かれていた。

 「千里山の学園関西大学法学部の講堂にただひとり、たくさんな青年に混じって丹念にノートをとっている洋装の若い女性があるが、その人の名は北村兼子、芳紀まさに二十二歳、権利義務で固まった法科生になめらかな対象をなして、チューリップより受ける感じに似た印象を人に与える繊細な表情と瀟洒な体躯の持ち主である」

 女史は、大正九年度の梅田高等女学校の出身で、卒業後、大阪外国語学校英語科に二年間席をおき、現在の関大法科に入学しているので、大学部においてはいまだ女に入学の規定が設けられていないために聴講生として入学し、男学生と同じ講義を聴き同じテストに頭の冴えをみせている。法学を修めた者の登竜門としての高文(=高等文官)試験に、女史を除くとの明文がないゆえに女史は先に司法科の予備試験願を文部省に提出したところ、文部省では女の判検事・弁護士の先例なしとして不許可となしたが、高文試験を広義に解釈するとして、行政科ならどうかとの見解で再度出願中である。


 祖父・北村龍象氏以来、漢学の家系を継いだ女史は、国漢文と外国語に堪能で、純理的な頭脳に一層の武器となっているわけだが、現在の論壇に対しても一隻眼を備えており、法律学はむしろ才気の余沫をなしている観がある。

 女史の語るところによると、

「法律は得手ではありませんが、刑法に対してはかなり興味を持っています。しかし男子と同等の答案を書いても、女であるがゆえに資格を与えぬというから、障害が学会もしくはその他にあるとすれば、私らは岐路に迷う感がいたします」

と憤慨されていたが、演壇にでも立って黄色い声を張り上げる部類の発動は嫌いで、

「真実にこうしたらよいでしょう」

と悩むあたりは娘々しい小学徒である。

 するとまた他の婦人雑誌は、

 紅一点の兼子さんとして千里山の学園、関西大学法学部の講堂に学ぶお髭の男学生にまじってただひとり北村兼子という芳紀まさに22歳の妙齢の美人が丹念にノートを繰っている。女子の入学の規定が設けられていない大学部に、兼子嬢は聴講生としてその繊細な表情と瀟洒な体躯でこの権利義務で凝り固まった法学生を悩ましている。

 それから試験を断念して、法律研究にふけっていたときの模様は千里山に咲く女性として大阪朝日に次のように書かれている。

 大阪市外千里山の丘上、理屈のコネ合いにかけては一騎当千の荒武者が立ち籠る関西大学に、文字通り満緑叢中の紅一点と咲く北村兼子さん(二十三)という学究的の女性がある。家は中之島宋是町大阪洋服学校だけに、大学の行き帰りにはお手のものの洋服に外套を着て、かかとの高い靴をはきサッサと歩く姿をみると十八、九の若々しさ。どうかすると歌劇女優と間違えられることもある。

 大正九年、今の大手前高女の前身・梅田高女を出ると大阪外国語学校でさらに英語を二か年やり、ちょうどその自分、軽井沢で開かれた夏期大学に出かけてエスペラントもやりだした。一昨年十月関大法科に入ってほかの角帽にまじり法律学を専攻中、授業が終わると学校に踏みとどまってドイツ語もやる。

 旧臘(=前年12月)六日と七日の両日、大阪実業会館で、大坂では初めての社会政策学会講演会が開かれた際にもヒョックリ顔を出して聴講者の注視のまとになった。十三日から大学が冬休みになると、またヂッとしていられないで、大学からの帰途、大原社会問題研究所に研究生になるように頼んでから毎日のように入り浸って社会学の研究をやっている。

 こんな調子で彼女の父親なども「なぜ男に生まれて来なんだ。大切なものを母の胎内に置き忘れてきたばかりに」と造化の神に不平を言っているそうだ。法律をやる女なんてちょっと珍しいが、彼女にいわせると「婦人参政権獲得で騒ぐのも結構ですが、法治国に生まれて法律を知らず、新聞見て政府の予算ひとつわからないようなもの、普選のほんとうの意義がわからず足元も固めないで空騒ぎをやってもなにになります。その点からいってもどうしても法律学をやる必要があります」である。

 一番好きなのが憲法と刑法――「民法など特に親族編などは科学的理論よりもわが国古来の習慣を多分に斟酌してできたものが多いようですが、刑法などはそうじゃなくってどこまでも科学的理論から出発している。だから好き」。

 ところが皮肉なことには一年から二年へ進級した時の点数が、好きな憲法と刑法が各六十点、これに反しドイツ法とドイツ語が各百点で、ほかの角帽連中をアッといわせた。来年、大学を卒業するんだが、「出たらこの先どうしましょう」と紅い血をワクワクさせている。

 もともと彼女の家は漢学者の出で、漢詩もつくれば文字もすこぶる達筆、鋭い観察眼から、いわゆる健児駿馬に騎し左右馳突意のごとくならざるはなし、といった風の警句に富んだ堂々たる筆鋒には大の野郎もタジタジ。関大を出たら女弁護士になるつもりだったのが、「女学校卒業者は男子中学校卒業者と同等の資格と認めず」という、ここにも婦人虐待の規則に妨げられて駄目、京大の選科ももう途がない。さてどうして行く道を切り開いてゆくか。


 関大の岩崎教授は実業会館の演説中に「どんな人を大学に入れても落伍するものは自然に落伍する。入学試験を寛大にして入学後は厳格にすればよいのだ。私が女子高等教育に賛成するいまひとつの理由は、出産制限を助けるためもっとも合理的制限方法として女子教育を与えることを主張したい。私の米国の友だちはたいてい女の学者だが、一緒に勉強していてもほとんど性別を考えない。しかるに、日本では珍しいからお嬢さんが出ると特別の感激をもって騒がれる。関大の北村兼子氏を見てもわかる通り、たしかに高等教育を受け得られる」と。


 学究的な女史も男女共学問題に発奮して、女子学生連盟のために実業会館で処女演説を試みた。その模様は、大阪毎日、大阪時事その他の各新聞に載せられた。

 いずれも、演説が長すぎたり前弁士との重複があるのでしきりに野次が飛ばされていると、関大法科の北村兼子嬢が「主義は鋭かれ」の演題を提げ、生まれて初めての演説を試むべく清楚な洋服姿で壇上に現れると、大向こうから破れるような拍手声援。「ヤーレ関西雄弁会のオーソリティ!」


  「叩けよ、しからば開かれん――」ということがあるが、女子への教育の門戸はいかに叩いてもまだ開かれたことがない。このうえは我々が捨て身の力をもって開かねばならない。女子が男子よりも劣っているとせられているのは、ことさらに男子よりも劣敗者になるように作られているからだ。今ごろ我々が黄色い声を張り上げたこんなことを叫ばねばならぬとは実にわが国の恥辱だ。

 と、永井柳太郎(注3)式の鋭い口調で簡単すこぶる印象的にやってのける。



注1:大正12(1923)年、アナキストの難波大輔大助らが、当時皇太子の摂政宮であった裕仁親王(のちの昭和天皇)暗殺を試みて虎ノ門付近で狙撃した事件。

注2:明治27(1894)~昭和23(1948)年まで実施されていた高級官僚の採用試験で、いまの国家公務員試験。この試験に際し卒業生には便宜がはかられていたが、兼子は女子ゆえその権利もなかった。

注3:政治家。大正6年、総選挙で落選した際の演説で、シーザーの戦勝報告「来た、見た、勝った」をもじって「来たり、見たり、敗れたり」といって場をわかせるなど、名調子の演説で知られた。





男子にまじって授業を受ける兼子

花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

0コメント

  • 1000 / 1000