花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

【北村兼子】「貞操の所有権と処女の賭博」後編


★大正~昭和初頭、ジャーナリストとして活躍した北村兼子の文章です。大正15(1926)年刊『ひげ』(改善社)に所収。

★関西大学法学部に在学中からすぐれた才知が評判となり、大阪朝日新聞記者にスカウトされた兼子は、『婦人』『週刊朝日』など多くの雑誌にも評論や随筆を寄稿。そこから評判の文章を抜粋して刊行したのが、兼子23歳にして初の著書『ひげ』です。売れに売れ、発売1か月弱で四版が発行。

★「女性と結婚」がテーマのこの文章、女性がこうむる不利益・抑圧・差別をきわめて辛辣な表現で突きまくっています。さらに悲しいかな、いまの女性にもあてはまる内容ばかり。終盤では、法律の知見を活かし、悪名高き明治民法(明治31年の改正民法)の旧弊ぶりを一刀両断。また、(今なお世界的にも例をみないほど)女性自身が声をあげずに現状に甘んじている状況にも全編で斬りこんでいて、やはり今こそ読まれほしい文章だと感じます(いつものことですが)。

***************

 行政調査会で、法律は無味乾燥であるから女に適しない、裁判所の職務は殺風景であるから夫人の職業として不適当であると。こんなことが有力な意見だそうだが、法律必ずしも無味でも乾燥でもない。乾燥なるは法の取り扱い方が悪いからで

法廷を閻魔の庭と間違えて

の世迷いごとであるが、女を法律から隔離しようとするその心がけが根本から間違っている。一歩を譲って時代おくれの議論をそのまま肯定するとしても、職業に性の制限を設けることがおおいに悪い。好き嫌いによって選択は勝手たるべきものなり。貞操蹂躙や婚姻の訴訟には女の陪席判事が陪審官を必要とするように構成しなければならぬ。


 女に意気地がなかったため今日の差別待遇を受けているものの、これに乗じて一方の人格をふみつけ、男子の優越権を高めようとする車井戸のようなヤリ方は人間の冒涜であり

個人価を認めぬ不法行為である


女の家出、それが三十から四十歳のものに多いという。不思議でもなんでもない。結婚の甘い夢が覚めた頃なのである。目が覚めてもいつまでも寝床におれというのが旧道徳である。

 一方の意思表示で離婚が簡単にできるロシヤの法律は自然で無理がない。離婚数では世界的に引けを取らぬわが国で、この上に離婚は好ましくはないが、愛が去ってののちの同棲はさらに好ましくないのである。

 婚礼に関して、新しく時勢に適した新しい道徳や法律ができそうなものと待っている鼻先に、民法の改正(※注2)で一世紀も時代を逆転して、世襲的に腐れかかった家族制度につッぱり棒を建てて、オルガンの

旋律に調子を合わせてカッポレを踊らす


臨時法制審議会の審議の結果は、禿げた茶瓶頭に畢生の知恵を沸かせて、自由結婚(※注3)は許さぬ、親の承認を要すると、近くきたるべき時勢の推移を予定にも入れず、若いものが打つバクチを親が代わって骰子(サイ)を投げてやることになる。自分で投げたサイがうまくいかなかったら自分の不運とあきらめるが、人に投げられたものが自身を不幸に導いたなら、きっとその人を恨むに違いないから、老人どもが常に心配する家族制度に波乱を生ぜしめる。処女にとっては一生一代の大投機を、親や仲人が違った道徳の標準で軽々しく取り扱ってしまう。

花嫁にとっては耳糞結婚である

耳くそが耳の中に転がって自分では雷鳴を感じても、周囲のものはなんとも聞こえないのである。


 法制審議会で、離婚の理由となるべきものは、女に不貞の行為あるか男に著しき不品行があるときと定めるのであるが、男のほうにのみ「いちじるしき」という形容詞を加えることから考えてみれば、少々は差し支えないということになる。

 その少々の程度が茫漠たるもので、ときどき売春婦に戯れるとか、気まぐれに情婦をこしらえたぐらいは離婚の理由にならないものか、法の解釈は人を迷わすことが甚だしい。

 最近の立法のなかで、選挙法における公私の扶助という一項と、親族法の著しき不品行という一条は裁判官の裁量に任せることになるであろうが、判官だとても神ならぬ人間であるから、こんな法律によって判らねばならぬことは迷惑千万なのみでなく、夜店の買い物に十銭の白銅と思って二十銭銀貨を払って造幣局を恨むような間違いが起こりそうでならぬ。

 離婚の条件を法律によって定めることが没理の出発点で、スキとキライは理屈で押えきれるものでない。キライな男を法律によってスキになる、そんな器用な精神転換ができるものではない。

 貞操の妻であろうが、品行方正の夫であろうが、どちらかがイヤと思ったら、それが離婚の最も大きな条件となるので、法の条件に適合しないから嫌いでも夫婦関係を継続して暮らさなければならぬとは

法ではない無法である

はじめから仲裁制度を設けてかからねば、法の施行に懐疑のあるようなことは条文に無理のある証拠で、咳をしながら身体の壮健を自慢しているように見える。

 かれら立法に携わる老人たちは、自分らが旧道徳のもとに高砂やを謡ってもらった甘い歓楽の夢を思い出して、習慣に法律という新しい着物を着替えさせて、中身は替わっていないくらいに軽く取り扱っているのであろう。それというのも、自分らは何十年かも前に結婚を済まして利害関係のないところからこんな法律を作って涼しい顔をしているのである。そういう考えの人に、これまでは文の前提として、ここからボツボツ論の中核をなすべき貞操論を読んでもらいたいのである。


 処女のもつ貞操は自己のものであるが、その実は自己のものではない。親権者に開閉の鍵は握られて勝手に貞操を開放せられる。当然の帰結として、離婚に際してもその鍵で金庫の扉よりも固く閉鎖せられる。そうすれば貞操というものは

集金人のポケットにある貨幣と同じく

ポケットは自分の所有であっても、貨幣は自分のままにならぬ。女は身体のなかに、ただ貞操を保管しているにすぎない。集金人には富裕な人が少ない。だから金に飢(かつ)えていても、懐中にある貨幣に触れてはたちまち横領とか委託金消費罪に問われるごとく、女が好きな対照物を見出しても、自己の意思のままに貞操を行使したら戸籍法などで行き詰まる。とすれば

貞操の所有権は何人(なにびと)にあるか

貞操所有権確認の申請は、いかなる様式に決裁せられるであろうか。いまや文明国がすべて自由結婚となっているに、わが国だけは不自由結婚法の制度を見るのである。女のもつ貞操を女自身の完全な所有権と認めないで

借地人が得た地上権より低く見て

いるようでは、基礎が弱くて鉄骨の殿堂を建てて愛の生活に入ることは不安である。案じだしたらキリがない。処女を信用せぬ結果、監督者を置く、その監督者とて信用ができるものでないから、監督者のまた監督者を要する。


 同情の仮面をつけて、鬱抑と呪詛とのなかにお寺の告別式に臨んだような気分で暮らせという冷酷な行為は、君がたが最も忌んでいる内縁関係の奨励でなくて何であろう。道理で私生児の名が新民法から省かれているのだな

時は進む法は退く

いろいろの悪習慣悪法制は、一括して転覆せねばならぬ時が来た。

 

それにしても婦人参政権のわれわれの手に入ることの遅いこと。思想上の地震が旧制度を微塵にくだいて黎明期に近づくときが待たれる。



注2:明治31(1898)年に公布された、いわゆる明治民法のこと。明治23(1890)年公布の民法を改正したもの。戸主権、長男単独家督相続制による「家」制度が規定されている。家庭内の個人の自由を制限し、結婚には親の許諾が必要とし、財産は長男が相続し、女性には教育費を出さない……など。現代からみれば「女性抑圧法」だが、歴史的にみれば、「男性を家族の長とし、妻の財産を夫が管理する」西欧スタンダードの近代家族法ということになる。

明治民法の公布前後、社会では大きな動きがあった。日清・日露戦争を経て資本主義経済が展開し、雇用労働による工場労働家族、会社勤めや教師など月給による生活者が都市部で形成されていったのだ。いっぽうで、江戸時代以来の農業・商業・漁業などの「家業」を基盤とする封建的家父長制度が人口の8割を占めていた。家業のもとで嫁は「家」に対する義務があり抑圧されていたが、工場労働者や都市生活者の男女には「家」の拘束力は弱まっていった。

都市では「個」を単位とする自由な空気がうまれ、新しい男女の生き方、結婚観が模索されるようになっていったのである。大正後期には、こうした近代家族が増加。民法の戸主権を制限しようとの動きも起こり、女性活動家たちもこの動きに加わっていた。

現在はもちろんのこと、長いスパンでみると家族のあり方は変わりつづけている。自民党の憲法24条改正草案にあるような「社会の自然かつ基礎的な単位」では決してない。不変ではないのだから。ちなみに、戦後、岸信介(安倍総理の祖父ですね)が出した24条改正案もこの自民案とほぼ同じで、「血族共同体の尊重」「親孝行・扶養義務」を強調したものだった。岸は同時に9条改正案(2項を削除し再軍備を意図)も出していたので、当時、これに対して女性たちから「戦争好きは男尊女卑」と反対意見が続出した。


注3:(注2のような都市の状況を踏まえて…)大正時代は、貞操・処女・自由恋愛(結婚)をめぐる議論がさかんになり、各メディアでもこれらの言葉があふれていた。デモクラシーの空気のなか、それまでの封建的な規範にとらわれない男女関係がもてはやされ、自由結婚・自由恋愛が一部の若者の間であこがれを集めていたのだ。ちなみに、大正時代、「結婚」という言葉には「性交」の意味もあった。




マニキュアガール。これもいわゆる職業婦人のひとつ。ネイリストのさきがけ

花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

0コメント

  • 1000 / 1000