花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

【北村兼子絶筆】「国際婦人運動の大勢」後編

★大正~昭和初頭、ジャーナリストとして活躍した北村兼子の文章抜粋です(講演原稿@読売講堂)。昭和6(1931)年刊『大空に飛ぶ』(改善社)に所収。同書は兼子の死後、父・北村佳逸により編まれた。

★関西大学法学部に唯一の女子学生として在学中からすぐれた才知が評判となり、大阪朝日新聞記者にスカウトされ入社。和漢の教養に加えてドイツ法学、英語・ドイツ語……と幅広い知と鋭い批評眼を武器に、ジャーナリストとしての才能を開花させていく。

★同じころ、司法科および行政科の高等試験に出願するも、女子ゆえ受験資格がおりなかった。全国女子学生連盟演説会にて教育の男女均等を訴えるなど、在学中からフェミニストとしても言論活動を開始。

★入社から2年。他紙に兼子の性的ねつ造記事が載るようになり、退社に追い込まれる。兼子はセクシャルハラスメントへの怒りを、同名のレコード・著作にて発信した。

★その後も言論活動を続け、昭和3年には万国婦人参政権大会(ベルリン)に参加するなど、世界の前線に刺激を受けつつ運動に奔走。ベルリンでは英語・ドイツ語で演説を行い、直後に議長から握手を求められるほど会場をわかせた。後日、大会から浜口雄幸首相あてに、婦人参政権を付与するよう勧告する書簡が届いている。

★国際人として活躍するなかで、世界を席巻していた飛行機に夢中に。欧州からの帰途、予約していたツェッペリンへの搭乗を朝日・毎日の男性記者に妨害されたこともあり、自力で乗ってやろうと立川の飛行学校に入学(昭和5年)。4か月で単独飛行が可能になり飛行士免許を取得したが、欧州への単独飛行を目前にした昭和6年7月、急病により27歳で死去。

★宿願だった政治参加の機運が高まるなかでの急逝でもあり、本稿は終始、燃え立つような高揚感、焦燥感に包まれている。なお、『大空に飛ぶ』収録の数本の論考は逝去1か月前に書かれたもので、1篇は死後、枕の下から見つかったという。

***************

 私は失業浪人であります。世界では浪人の上に性別をつけて女浪人と呼んでいますのは、婦人運動という重い石臼を首にぶらさげて歩いているからであります。私が今度の洋行で日本を出発する前に、読売新聞の新刊批評欄で私の著書『女浪人行進曲』を批評して、怪女浪人だと書いてありました。怪しい女浪人だというのです。何が怪しいのかわかりませんが、責任が重すぎて足元が怪しいのかもしれません。

 私が、女浪人と、浪人の頭につけた性別は参政権獲得行程の旅行ケースにすぎません。やがては芸のないジプシーのような女浪人も、性別の仮装をかなぐり棄てるときがある。それは男女の同等となったときのことである。お役に立つのはそのときのことであります。(中略) 

 今度ベルリンに集まった四十八か国の婦人代表も、婦人参政権のない国の代表は弱い、日本のごときは戦にかけては三大強国のひとつであるが、婦人運動にかけては支那よりもトルコよりも弱い。その弱い背景に立つ婦人参政同盟の代表である私のいう言葉が、強い国の先輩の傾聴するところとなったのも、婦人和合の現れでありあす。(中略)

 

 婦人のなかに新旧の二派に意見がわかれて、急進と尚早とが相反対していることは、残念ながらこれを認めねばなりませんが、それをもって婦人参政を拒否する口実とはなりません。(中略)

 婦人の生きられる道は参政権の外にはない。それを獲得する道は「運動」であります。運動を除いて婦人を光明世界に導く道はありません。婦人運動に「希望」のないのは、ビルヂングに窓のないようなものであります。婦人運動のビルヂングは男女の政治的法律的無差別という大きな窓をあけます。ここから光がさします。政治の純真教育の健全な制度という窓もあけます。ここから涼しい風がはいってきます。(中略)


 こんにちの状態では、婦人は安心して結婚することも子を産むこともできません。権利なくして義務ばかりを背負わせる結婚は、無謀な冒険であり「乙女殺し」であり、完全な育児制度なくして子を産むことは「嬰児殺し」であり、生活難から主婦が男子と並立して街路で家事費を稼ぎ、しかも母性擁護の補遺率なきは「母親殺し」であり、婦人に参政権を与えないとは「婦人皆殺し」であります。

 これは下等社会ばかりではありません。上流社会の婦人は、たくさんな下女下男を使って外観からみれば幸福なようではなりますが、その華やかななかに淋しい陰をひいていることを見出されます。彼女自身も法律上では夫という主権者のもとに奴隷として使われているのであります。下女は使わなくてもいい、夫人自身がまず法律上政治上の奴隷の地位から解放されなければなりません。(中略)

 その時になってはじめて婦人運動の必要を痛感してもすでに遅い。捕虜になってから鉄砲を撃つ稽古がしたいようなもので、時期を失してはいるが、そういう婦人たちの戦う方法はただひとつ残されています。あなた方は愛する子に向かって「お前たちは、圧迫されているこの母の悲惨な状態をみよ。人類愛はこの婦人解放から始まる」と注入していただかねばなりません。


 婦人は自身の権利と位置とを自身で低く評価していた。婦人はそんな安っぽいものでないと気づいたときに、ちょうど女権拡張の大勢は海のかなたの文明国から非常な勢いで押し寄せてきて、機会は刻々に近づいてきているのに気づかず、婦人参政権はまだまだ遠い山の奥に閉じ込められているもののように無準備に落ち着いているが、もうすぐです。用意していただかねばなりません。(中略)

 婦人の位置は西のほうが日当たりがよく発達し、西から東へくるにしたがって婦人の位置は風通しが悪くなっています。日本は悪い水の終点になっているようです。エジプトでも婦人の位置が変化しています。トルコのケマルパシャは婦人運動の勃興を待たないで自ら進んで婦人解放を断行して、婦人の位置は躍進しました。(中略)

 ひとごとではありません。日本の婦人参政権拒否は、頑固な人間によって投げられた最もたちの悪い目つぶしであります。婦人小児の権利を焼き捨てるためのガソリンは衆議院にも貴族院にも用意してあるようです。


 世界の婦人は、私たち日本婦人に向かって悔やみの意を表しています。なぜならば文明国でこんな目に逢っているのは、日本の外にないからであります。

 いま被告となっているのは「婦人運動家」ではありません。「頑固な政治家」であります。国際的な公平な裁きは必ずあります。私たちは唯一の証拠物として議会の速記録を提供します。これが動かすのことのできない甲第一号証であります。(中略)

 一方では、倫理学者が間違った婦人道徳を教えること深く、他方では化学が知識を注入することが浅いのがこんにちの女子教育であるがため、倫理が科学を圧倒して婦人を馬鹿なものにしてしまったが、もしこれを逆にしたら三年たたないうちに婦人は覚醒します。(中略)

 

 男子には罪とならない行為でも、それを婦人が行えば罪となる。女に生まれたから、つまらない男に生まれたらよかったと、取り返しのつかない運命に泣いているよりも、むしろ進んで男性と同等の位置に婦人を突きあげることを運動するほうが賢い働きではないでしょうか。

 学者よりも法律家よりも世界の大勢を知って、目の前に提出される問題について直ちに誤らざる批判をなしうる人が代表として適任なものであることを知りました。これからのちも代表を選ぶにはそういうところに目をつけて選挙していただきたいものと思います。

 私は何の効果をもお土産として持って帰ることのできなかったことを恥じますが、日本の旧式政治家は、婦人がいかに世界の大勢を支配しているかを知らぬ。

 いま私たちの行動を笑う人たちを笑いかえすときがきました。私たちは瞑想し、分析して、もはや動かすことのできない信念で運動を進めています。みなさまとともに微笑み、おおいに笑い、哄笑に破裂するときが、もう目の前にきました。婦人運動ももうひと気張りです。



花束書房

幕末→大正期の女性史マガジン■北村兼子研究(復刊)■編集・出版業(準備中)。

0コメント

  • 1000 / 1000